デリケートゾーンの黒ずみを改善するための正しいケア方法について

デリケートゾーンに関しての正しいケア方法を学ぶ

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためのケア方法ですが、正しいケア方法を学ぶことが先決です。その次に、学んだ正しいケア方法をそのごとくに実践することも大切です。そこで今後、デリケートゾーンの黒ずみをケアしていく上においての正しいケア方法についてですが、どうして黒ずんでしまったのかといった原因を知ることも大切です。黒ずんでしまった方法と同じ方法を繰り返さないためにも、原因を知ることは大切です。ちなみにその原因についてですが、皮膚が敏感な陰部や脇の下というのは、メラニン色素が生成されやすくその結果、黒ずみやすい部分でもあるといわれています。

デリケートゾーンが黒ずむ原因

とくに女性の場合には、生理の度にナプキンやオリモノシートなどによる摩擦やかぶれが大きな要因となっています。また、ピチピチのビキニタイプの下着を身に着ける方も多いのですが、そうした下着も皮膚を締め付けて刺激しやすいので、黒ずみやすいといわれています。こうした皮膚への刺激や摩擦などを強く受け過ぎると、それに対抗しようとしてどうしてもメラニン色素の生成が活性化してしまうのです。さらに日本人は欧米人に比べると、陰部の手入れがあまりなされていないといったこともよくいわれています。要するに、フェイスケアと同様に保湿クリームや化粧水などで、陰部のケアをすることが大切であるというのです。その他にも、デリケートゾーンの脱毛をしている人に多いのが、安全カミソリなどで脱毛をする際にデリケートゾーンを刺激してしまうのです。そうした皮膚への執拗な刺激が原因となって、どうしてもメラニン色素が活性化してしまうというのです。以上申し上げたことからいえることは、デリケートゾーンの黒ずみという症状は、皮膚が汚れているのではなくて皮膚がダメージを受けているからであるといった認識の切り替えも大切であるといえます。

デリケートゾーンの黒ずみをっ改善する正しいケア方法とは

そこで、デリケートゾーンの正しいケア方法についてですが、極度に皮膚を締め付けるような下着を穿くのをやめたり、安全カミソリによる脱毛方法も見直す必要があります。それからデリケートゾーンをケアするとはいっても、お風呂に入った際に通常のボディーソープでデリケートゾーンをゴシゴシと洗うのもNGなのです。デリケートゾーンの黒ずみは汚れではないので、ゴシゴシと強く洗ってみたところで全くの逆効果なのです。このデリケートゾーンをお風呂で洗う場合には、まずは石鹸から換える必要があります。ちなみに、通常のボディーソープや石鹸はアルカリ性のために、デリケートゾーン専用に作られた弱酸性の石鹸に換える必要があるのです。デリケートゾーン専用の石鹸の場合、ミョウバン・ジャムウ・アロエといった臭いや痒みを抑制する成分が配合されています。さらに、デリケートゾーンの黒ずみに効果のある成分には、ジャムウ・甘草エキス・カミツレエキスなどが挙げられます。従って、デリケートゾーン専用の石鹸を使う場合には、臭いや痒みだけでなく黒ずみの症状をも緩和してくれるような石鹸を選ぶべきであるといえます。そして、例えデリケートゾーン専用の石鹸を使い始めたとしても、数日間使って効果がない!といって三日坊主で終わってしまうのもよくありません。何故ならば、皮膚にはターンオーバーサイクルというものがあり、その周期が28日となっています。従って、デリケートゾーンの臭いや痒みはともかくとして、黒ずみを解消するためには、皮膚のターンオーバーサイクルの周期ごとに改善されることから、最低でも28日程度はデリケートゾーンのケアを続ける必要があるといえます。ちなみにデリケートゾーン専用の石鹸については、デリケートゾーン専用の美白クリームなどでも構いません。そのためネットで、人気の高いデリケートゾーン専用の石鹸やクリームを調べてみたのですが、イビザクリーム・ジャムウハーバルソープ・ホスピピュア・ハーバルラビット・ヴィナピエラなどがおすすめです。こうした専用ソープやクリームの場合、いずれも天然由来の成分が数多く配合されており、アレルギーなどの心配も要らないという点も大きな特徴として挙げられます。