一般的な石鹸とデリケートゾーン専用の石鹸とでは雲泥の差がある

一般的な石鹸とデリケートゾーン専用石鹸の違い

デリケートゾーン専用の石鹸といえば、通常の石鹸よりも刺激が少なくて汚れが落とせる程度の効果しか期待していない方が多いと思います。ところが、デリケートゾーン専用の石鹸の中には、それらの効果だけでなく臭いが抑制できたり、黒ずみの症状も解消できるといった効果すらも期待できるという石鹸もあるようなのです。そこでもう少し具体的に、一般的な石鹸とデリケートゾーン専用の石鹸の違いについてご紹介してみたいと思います。まずは大きな違いといえば、一般的な石鹸であればアルカリ性が強くなっています。一方、デリケートゾーン専用の石鹸の場合には、弱酸性という性質になっていることが挙げられます。どうしてそれらのPH値という根本的な違いがあるのかと申しますと、デリケートゾーンの場合、おしっこやウンチ・オリモノなどが出てくる場所でもあるので、常にアルカリ性の物質に触れているような状態にあります。そこにアルカリ性の強い一般的な石鹸を使ってしまうと、デリケートゾーンに潜んでいる常在菌まで落としてしまうことにも繋がってしまうのです。もちろんそうなると、常在菌がいることで保たれているのに対して、常在菌の働きが無くなるということはすなわち、臭いが悪化したり黒ずみの悪化などにも影響してしまうのです。一方、デリケートゾーン専用の石鹸の場合、弱酸性の性質になっていることから、デリケートゾーンを弱酸性に保ちながら内蔵への入口が沁みたり、皮膚が乾燥したりすることを抑えてくれるのです。ちなみにデリケートゾーン専用の石鹸には、ミョウバン・ジャムウ・アロエといった臭いや痒みを抑える成分が配合されています。要するに、一般的な石鹸は強い香りで臭いをごまかしているような面があるのに対して、デリケートゾーン専用の石鹸の場合、臭いの原因菌を殺菌したりしてくれるので、生理中の強烈な臭いなども抑制してくれる効果さえも期待できるのです。

デリケートゾーン専用石鹸に配合されている成分

デリケートゾーン専用石鹸に配合されているジャムウ・甘草エキス・カミツレエキスなどは、黒ずみの症状を緩和してくれる効果もあるといわれています。従って、今日使って明日には効果が期待できるというわけではありませんが、毎日継続して使うことによって次第に効果が現れてくるといわれています。それから上述したデリケートゾーンにいる常在菌についてですが、中でも表皮ブドウ球菌という常在菌の場合、皮膚を守ってくれるようなバリアの役目を果たしてくれているのです。従って一般的な石鹸を使うと、この大切なブドウ球菌を洗い流してしまうことにもなるのです。一方、デリケートゾーン専用の石鹸を使うと、不必要な雑菌だけを洗い流してくれて、ブドウ球菌のような大切な菌は残してくれるといった効果があるのです。おまけにデリケートゾーンというのは、それ自身が自浄作用を持っており、例え常在菌がいても清潔性を保つことが可能になっているのです。

デリケートゾーン専用石鹸のご紹介

そこで、デリケートゾーン専用の石鹸の中でも、とくに人気の高い石鹸をご紹介してみたいと思います。例えば、シークレット・ジャムウソープやジャムウ・ハーバルソープなどは、上述したようなデリケートゾーンの臭いや痒み、さらには黒ずみなどの症状も解消してくれる効果が期待できるといわれています。従って、シークレット・ジャムウソープの公式ホームページを拝見してみると、トップページには開口一番、臭い・黒ずみ・肌荒れなど5つの効果が期待できるといったキャッチコピーが掲載されています。しかも、石鹸に配合されている成分は、天然植物が原料となっているために、アレルギー体質の方にも安心してお使いいただけるようなことが記載されています。ただし、こうした特殊な石鹸ともなると、ドラッグストアーよりもネット通販のほうが手軽に購入できるかもしれませんね。