皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ治療について調査

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で治療出来るの?

本格的に黒くなった陰部を美白したいため、医療機関で治療を考えている方も多いのではないでしょうか。近所にある皮膚科で治せたら、通院も楽で嬉しいですよね。

アソコの黒ずみは、皮膚科を初め美容クリニックなどで治療可能です。ただしデリケートゾーンの黒ずみの治療は、美容目的に当たるため普通の皮膚科では治療出来ないこともあります。病院へ行く前に電話やホームページで、確認しておくと良いでしょう。

最近は患者さんのニーズに合わせ、美容ケアにも積極的な病院も増えているので、中には対応してくれる所もあります。保険外治療になることは忘れてはなりません。その分治療費も高くなることも、頭に入れておくことをおすすめします。

皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ治療の内容

実際にデリケートゾーンの黒ずみ治療には、どのようなものがあるのか見て行きましょう。

皮膚科では、ハイドロキノンという成分の入ったクリームを処方してもらうことが出来ます。この成分は、ビタミンCの100倍の美白力と言われ、メラニンの数を減らし黒ずみを薄くする効果が期待出来ます。

そして、ビタミンA誘導体のトレチノインも同時に出してもらうケースがあります。肌のターノーバー促進や、メラニン排泄が望める成分です。肌のハリが欲しい方にもおすすめです。

ただしハイドロキノンは高濃度のものは、副作用が懸念されているため取り扱いが難しいといったデメリットもあります。皮膚科では医師によって処方してもらえるので安心感はありますが、発癌性の恐れも心配されているのであまりおすすめは出来ません。

酸性の薬品を用いたケミカルピーリングを、採用している病院もあります。肌の新陳代謝アップ効果により、黒ずみ解消が期待出来る方法です。顔のピーリングは有名ですが、デリケートゾーン向けに扱っている皮膚科は少ないのが現状ですので、事前に問い合わせておくのが間違いありません。

リスクが高い!?皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみ治療

全国の皮膚科には、デリケートゾーンの黒ずみ治療をしてもらえる所はあります。しかしあまりおすすめ出来ません。陰部は皮膚が薄く、体内でも繊細な箇所です。そのためハイドロキノンのような強力な薬を使う、酸の強い薬品でピーリングをすることは、肌に負担をかけてしまいます。

キレイにするために治療をしたのに、肌に合わず返って症状が悪化してしまうことも考えられます。デリケートゾーンの黒ずみ治療を、皮膚科で行うのはリスクも高いです。

それなら、ハイドロキノンやピーリング程、高い効果は望めませんが、ゆるやかに黒ずみにアプローチ出来る美白クリームを使う方が、肌には優しく安全性も高くなります。効果をとるか安全性をとるか、人により優先順位は異なりますが、長い目で見て肌のことを考えるなら美白クリームの方がおすすめです。