原因と解決法を紹介!デリケートゾーンの黒ずみの基礎知識

下着やカミソリの摩擦刺激がNG!?デリケートゾーン黒ずみの原因

気になるデリケートゾーンの黒ずみは、なぜ起こるのでしょうか?実は大半が、摩擦による刺激を受けたことが原因で起こります。「でも陰部を摩擦した覚えはないし」と思うかもしれませんが、知らず知らずのうちに擦れてしまっているのが実情です。

例えばきつい下着を着ていると、ゴムの部分の摩擦が強くなってしまいます。合わない下着を履いていた時、足の付け根が痒くなったことってありませんか?それはゴムの刺激を肌が受けている証拠です。1日だけでは黒くはなりませんが、毎日締め付けた状態が続くと、だんだん黒くなってしまいます。

カミソリで脱毛をしている人も要注意です。カミソリの刃に負けて、肌に負担がかかってしまうからです。特にデリケートゾーンは瞼より皮膚が薄いと言われ、少しの摩擦がダメージになります。

ダメージを受けると、体内を守るためメラニンという防御物質が分泌されます。このメラニンが出ている合図は、肌の赤みです。通常なら肌のターンオーバーで、メラニンは消えますが、排泄が追い付かず溜まっていくと次第に黒ずみへと変わってしまいます。

徐々に黒くなるため、気づきにくいですが早めの対処をすることが肝心です。

なぜ解消出来ないの?ホルモンバランスの乱れによるデリケートゾーンの黒ずみ

多くの黒ずみの原因は、摩擦刺激によるものですが、ホルモンバランスの乱れもデリケートゾーンに影響を与えます。ホルモンバランスは、規則正しく質の良い食事により保たれています。

睡眠不足や過度のダイエットなどで、ホルモンバランスは崩れやすくなります。ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが上手くまわりにくくなるため、メラニンが溜って黒ずみになるのです。ホルモンバランスはその他にも妊娠でも乱れやすくなります。

特に陰部はたまに目にする部分なだけに、いきなり黒くなったように思われがちですが、手入れをしていないと徐々に進行しています。そのため小まめに毎日ケアすることが重要です。顔のスキンケアと同じように、保湿剤を塗って対策していくようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ美白は自宅かクリニックで出来る?

陰部の黒ずみをケアするには、自宅で解消するか美容皮膚科に行くかの2つあります。今回は両方の特徴をまとめますので、あなたに合う方を選んでケアをするようにしましょう。

まず自宅で行うケアには、美白クリームを使った方法があります。美白成分配合の物が多く、原因物質のメラニンにアプローチ出来る優れた効果が望めます。またターンオーバー促進や、保湿も期待出来るタイプもあり、好みのクリームを使って解消したい人にもおすすめです。

低刺激処方なので、デリケートな陰部の肌にも安心して使えます。よく顔用の美白成分入り化粧水をデリケートゾーンに塗る人がいますが、刺激が強すぎて白斑や炎症のもとになるのでおすすめしません。必ず専用のクリームを使うようにしてください。

美白クリームと並行して取り入れたいのが、低刺激性の石鹸です。毎日の入浴時に洗うだけの簡単アイテムになります。黒ずみだけでなく、消臭効果も期待出来るため、デリケートゾーンのにおいを気にする女性からも大人気です。うるおい成分が入ったものなどもあり、陰部の肌環境を正常に保つ効果が望めます。

美白クリームや石鹸は、自宅で行うデリケートゾーンのケアとしても人気です。しかし自宅ケアだけでは効き目が物足りない場合は、美容クリニックに通う方法もあります。レーザーを始めハイドロキノンやピーリングなど、高度な治療を受けられますが、コストがかかるというデメリットも大きいです。

保険外治療になるため、ヒルドイドローションなどを除き、ほとんどが全額負担となります。お財布事情により通院を諦めた方も多くいます。まず自宅でしっかりケアして、どうしてもダメな時だけクリニックへ行くと良いでしょう。

美白クリームや石鹸でも、正しく毎日使えば効果を実感出来ます。美容クリニックは本当に最終手段でOKですので、まずは出来ることから始めていきましょう!